/

この記事は会員限定です

金融庁・東証、開示延期を容認 有報期限を9月末に

[有料会員限定]

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、麻生太郎財務・金融相は14日、3月期決算企業の有価証券報告書の提出期限を通常より3カ月遅い9月末まで延長すると発表した。これを受けて東京証券取引所は同日、上場企業に対して決算発表の日程を再検討するよう促した。企業の開示は全般に遅れるとみられる一方、独自に情報を発信する姿勢などで市場の評価に差がつく可能性も出てきた。

麻生氏は同日の記者会見で「企業や監査法人が決算...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1165文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン