/

首相「防護服原料の流通維持を」ASEAN首脳と一致

安倍晋三首相は14日、東南アジア諸国連合(ASEAN)や中韓の首脳と新型コロナウイルスの対応を巡り、テレビ会議で協議した。首相は会議後記者団に国内で不足する防護服について「防護服などの物資はASEAN地域からの輸入に依存している」と指摘した。「物資の流通を維持すべきと強調し、賛同を得た」と語った。

アジアで新型コロナの対応で連携するため「ASEAN感染症対策センターの設立など強固な連携の上にウイルスと対峙すべきだ」と呼びかけた。新型インフルエンザ治療薬の「アビガン」の臨床研究を進めると説明し、早期の治療薬の開発の重要性で一致した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン