/

この記事は会員限定です

石炭火力3メガが融資停止 「環境」投資家の圧力一段と

[有料会員限定]

国内の3メガバンクが石炭火力発電所向けの新規融資を停止するのは、気候変動への取り組みを重視する投資家や環境団体の視線が厳しくなっているためだ。欧米の金融機関は新規の投融資を実施しない方策と具体的な手立てを打ち出しており、邦銀の姿勢が注目を集めていた。

欧米では投資家が企業に温暖化への対応を迫るなど圧力を強めている。外国人株主が3割前後にのぼる邦銀もこうした流れと無縁でない。国際会議では、邦銀が環境...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り432文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン