ホクト、シイタケ栽培でAIロボット導入

2020/4/14 18:54
保存
共有
印刷
その他

キノコ生産大手のホクトはシイタケ栽培で人工知能(AI)を搭載したロボットを導入した。形の良いものを選別する「芽摘み」の作業用で、小諸きのこセンター(長野県小諸市)に6台設置した。栽培過程で蓄積したビッグデータを活用して良質なシイタケを選ぶ。人手に頼りがちだった作業をほぼ自動化することで、省力化と生産効率の向上を目指す。

新開発したのは「3Dビジョン芽摘みロボット」で、十数秒でシイタケを選別する。…

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]