同友会代表「オンライン診療、通常時も」

2020/4/14 17:56
保存
共有
印刷
その他

経済同友会の桜田謙悟代表幹事は14日の記者会見で、医療機関のオンライン診療について「危機の間だけでなく通常でも使えるようにすべきだ」と語った。オンライン診療は新型コロナウイルスの感染拡大を受けて13日に初診患者でも解禁されたが、感染が終息するまでの時限措置との位置づけだ。桜田氏は「特別措置という方向には反対」と明確に主張した。

国内の感染者は緊急事態宣言が発令された後も増えている。重症者数の拡大への備えも必要だ。厚生労働省は13日、人工呼吸器の製造で新規参入を促す手続き緩和を発表した。桜田氏は「規制緩和のスピードは遅く、今後もやるべき緩和策をあぶり出すべきだ」と注文した。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]