与党、補正成立22日目指す 早期執行へ前倒し

2020/4/14 17:00
保存
共有
印刷
その他

与党は14日、2020年度補正予算案の早期成立を野党に呼びかけた。当初予定の24日から前倒し、22日を想定する。衆院予算委員会の与野党筆頭理事が協議した。野党は審議時間が足りないとして拒否した。政府は20日にも予算案を国会提出する。新型コロナウイルス対策の財源になる。

自民、公明両党の幹事長、国会対策委員長も14日、国会内で会談した。新型コロナの感染拡大を踏まえ、予算執行の前倒しが必要との考えで一致した。自民党の森山裕国対委員長は記者団に「1日も早く補正予算案の成立をはかる」と強調した。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]