/

東海第2の使用前検査、再稼働に直結せず 原電回答

日本原子力発電は14日、申請を予定する東海第2原発(茨城県東海村)の使用前検査について「再稼働と直結しない」とする回答書を同村など6市村に提出した。原電が2月に示した文書には原子炉施設の使用開始時期が工事終了予定の2022年12月と記されていたという。6市村は住民の合意がない中で誤解を招きかねないとし、確認を申し入れていた。

原電の村部常務(右)は東海村の山田村長に回答書を手渡した(東海村役場)

東海村の山田修村長は回答書を受理したうえで「説明会だけでなく住民に向き合い真摯に対話してほしい」と要請。原電の村部良和常務は「戸別訪問などできめ細かく説明したい」と語った。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン