インサイダー疑義で社長辞任、オウケイウェイヴ

2020/4/14 16:07
保存
共有
印刷
その他

質問サイトのオウケイウェイヴは14日、松田元・社長による自社株売却行為がインサイダー取引にあたる可能性があるとして、第三者委員会による調査を始めたと発表した。同社は今年初め資金調達に関する検討をしていたが、そのさなかで松田氏が自社株を売却していた。松田氏は27日付で社長を辞任する。福田道夫取締役が社長に就任する。

同社によると、松田氏は今年2月中旬から3月上旬にかけて、保有する株式計35万株を売却した。同社は当時、過去に発行した新株予約権付社債をめぐり、債権者への約5億円の償還期限が迫っており、償還猶予を求めるか検討していた。

松田氏の売却については当時社内で検討したものの、「インサイダー行為にあたらず、不当な利益を得る目的ではない」と承認していた。しかし、売却後に外部企業から「金融商品取引法に抵触する可能性がある」と指摘があったという。

第三者委は株式売却や当時の社内手続きが適切だったか議論し、5月18日までにまとめる。第三者委は田村有加吏弁護士らが務める。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]