「漫画の神様」の頭脳、AIが解析 手塚治虫の創意に迫る

2020/4/15 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

没後30年を超え、漫画家・手塚治虫の創意に迫ろうとする試みが進む。人工知能(AI)を使って手塚らしさのある新作を生み出すプロジェクトと、雑誌連載時から単行本収録までの改編の歩みを追う研究だ。「漫画の神様」は何を考え、作品を生み出していたのか。

2030年の東京。顔認証システムで個人情報が管理されたデジタル社会が到来している。記憶喪失の主人公、ぱいどんはある日、美しい姉妹から行方不明の父を探し…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]