福井のブランド豚、存続の危機 県が再興支援も険しく
ウエーブ福井

2020/4/21 20:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

福井県のブランド豚「ふくいポーク」を食べられなくなる可能性が出ている。2019年夏に豚熱(CSF、旧称・豚コレラ)が流行し、全頭殺処分を迫られた養豚農家は廃業した。感染を免れた農家も飼育をやめ、生産者はゼロになった。残っているのは倉庫にある在庫だけ。福井県は補助制度を用意するなどして再興を目指しているものの、道は険しい。

「新しく育てたとしても収益を得られるまで1年以上かかる。後継者もいない。悔…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]