/

この記事は会員限定です

期待の「アビガン」検証に貢献 治療薬探し、世界が奔走

新型コロナ・中部の衝撃

[有料会員限定]

新型コロナウイルスが猛威を振るう中、国内外で治療薬探しが本格化している。中でも政府が高い期待を抱くのが、日本発の新型インフルエンザ治療薬「アビガン」だ。患者に投与して効果があるかどうかの検証が全国で始まっており、中部圏の医療機関が大きな役割を担っている。

「少しでも早く結果を集め、科学的な効果と安全性を検証したい」。藤田医科大学病院(愛知県豊明市)の湯沢由紀夫病院長は力を込める。同病院は、新型コロ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1075文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン