/

愛知県が民間ホテル確保へ 無症状・軽症患者向け

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、無症状の人や軽症の患者を受け入れる施設として、愛知県が同県安城市の「東横イン三河安城駅新幹線南口1」などの確保に向け調整していることが14日、関係者への取材で分かった。

県は9日から受け入れをはじめた県の宿泊施設「あいち健康プラザ」(同県東浦町)の63室と合わせ、計1300室の確保を目指す。安城市の東横インは約140室で、健康プラザの利用状況をみて、開設時期を決める。さらに残る約1100室の準備に向け調整を進める。

施設では医師や看護師が滞在し、体温や味覚、嗅覚の異常の有無など健康状態を毎日チェックする。医師の判断で24時間おきにPCR検査を実施し、2回続けて陰性となれば退所できる。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン