/

この記事は会員限定です

秋田の地域おこし協力隊、OB・OGが相談窓口

[有料会員限定]

都市から過疎地に移住し、まちづくりに最長3年間貢献する「地域おこし協力隊」。2009年度の制度創設から18年度までに任期を終えた秋田県内の協力隊員67人のうち、定住したのは31人。定住率は46.3%と任期終了者のいない大阪府を除き、都道府県別で最下位だった。こうした中でOBやOGのネットワークが2月に設立された。先輩隊員が現役の相談に乗り、定住率を引き上げたい考えだ。

地域おこし協力隊は過疎地など...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り888文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン