/

立皇嗣の礼、延期を正式決定 「当分の間」 新型コロナで

政府は14日の持ち回り閣議で、秋篠宮さまが皇位継承順位1位の皇嗣(こうし)になったと宣明される19日の「立皇嗣の礼」を当分の間、延期すると正式決定した。実施時期は改めて政府の皇位継承に関する式典委員会を開いて決める。

新型コロナウイルスの感染拡大に伴う緊急事態宣言の発令を踏まえて判断した。

立皇嗣の礼のうち、中心的な儀式となる「立皇嗣宣明の儀」と「朝見の儀」は国事行為として執り行われる予定だった。

政府は立皇嗣宣明の儀について招待者を大幅に減らして挙行する方針だった。祝宴にあたる「宮中饗宴(きょうえん)の儀」は3月に取りやめを決めていた。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン