米最高裁、初の電話会議審理 5月に

2020/4/14 7:19
保存
共有
印刷
その他

【ニューヨーク=伴百江】米連邦最高裁判所は13日、新型コロナウイルスの感染拡大で裁判官や事務官などの職員が在宅勤務になったのに伴い、5月から最高裁史上初めて、裁判を電話会議で実施すると発表した。トランプ大統領の税務申告非公開の合法・違法を巡る裁判など大型案件を含む10件の審理が対象となる。

米最高裁判所は初の電話による審理を実施する(ワシントン)=AP

10件の訴訟は新型コロナの感染拡大により審理が延期されていた。電話会議による審理は5月4日から13日に実施する。

現在、最高裁の建物は閉鎖していないが、職員の大半は在宅勤務となっている。電話会議の審理はライブ音声でメディアにも公開する。判決は従来は5~6月に公表されていたが、今回の判決の公表時期は不明だ。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]