新型コロナ、回復者に免疫あるか不明 WHOが警告

2020/4/14 4:39 (2020/4/14 6:03更新)
保存
共有
印刷
その他

WHOのマリア・ファンケルクホーフェ氏=ロイター

WHOのマリア・ファンケルクホーフェ氏=ロイター

【ジュネーブ=細川倫太郎】世界保健機関(WHO)は13日、新型コロナウイルスの感染者で回復後に再び陽性になる患者が出ていることについて、回復者に免疫がついているかは不明だとの見解を示した。次に同じウイルスが侵入した際に、病原体を攻撃する抗体が体内で十分に作られていない可能性があるためだ。免疫を持つ人が限られれば、外出制限などの解除が遅れる可能性もある。

WHOの感染症専門家、マリア・ファンケルクホーフェ氏は記者会見で、中国上海市で行われた最近の研究から、「(回復後に)検出できるほどの抗体反応を示さなかった人もいれば、非常に高い反応を示した人もいたことが分かった」と説明した。抗体の量が少なければ、再び陽性になる恐れがある。韓国でもいったん回復してから陽性と診断された人が111人に達した。

ファンケルクホーフェ氏は「回復した患者からのさらなる情報が必要だ」として、データ収集と分析を急ぐ方針を示した。今のところ免疫の全体像もつかめていないといい、「抗体がどう作用するか深く理解する必要がある」とも話した。

再び新型コロナにかかった患者について、体内のウイルスが再活性化したのか、新たに感染したのかは不明だ。WHOで緊急事態対応を統括するマイク・ライアン氏も抗体の有効期間は分からないとし、再び陽性になる原因に関して「答えはもっていない」と話した。

韓国では回復した後に111人が再び陽性と診断された(ソウル)=ロイター

韓国では回復した後に111人が再び陽性と診断された(ソウル)=ロイター

一般にいったん感染すれば体内に抗体ができて免疫がつき、再び感染しにくいといわれる。

こうした前提に基づき米国や欧州各国は今後、抗体検査を本格化させる。感染を経て体にウイルスに対する免疫が備わったかを診る方針だ。新型コロナで2万人以上の死者が出たイタリアでは、既に当局が北部地域で抗体検査に着手した。米国立衛生研究所(NIH)も、全米で最大1万人の血液サンプルを収集して抗体の有無を検査し、感染歴を調べる。

厳しい外出制限を導入している欧州の一部の国はひとまず感染のピークを迎えたとの声が多く、規制の解除のタイミングを見計らっている。各国が抗体検査をするのは、経済活動の再開に役立てられるためで、免疫を確認できれば、外出制限を外すなどの判断の決め手になる。

ただ、再び陽性となる人が韓国や日本で出てきたことで、感染しても抗体が十分に作られていない可能性が浮上してきた。コロナウイルスとしては史上初めてパンデミック(世界的な大流行)を引き起こした今回の病原体は未知な部分が多い。WHOは、各国が急いで規制を緩めれば、感染が再拡大するリスクが大きいと警告する。

テドロス事務局長は13日の会見で「新型コロナの感染は非常に速い一方、減速(のスピード)はかなり遅い」と述べ、「規制はゆっくりと解除されなければならない」と強調した。新型コロナの致死率ついては、2009年に流行した新型インフルエンザより「10倍高い」と警告した。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]