アンジェス、コロナワクチンの治験開始を1カ月前倒し

2020/4/14 9:24
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

新型コロナのワクチンを巡っては研究機関や製薬会社が開発を競っている=ロイター

新型コロナのワクチンを巡っては研究機関や製薬会社が開発を競っている=ロイター

大阪大学発のバイオ企業アンジェスは、新型コロナウイルスのワクチンの臨床試験(治験)を前倒しする方針を固めた。当初、9月の開始を予定していたが、動物試験の進捗が順調なことなどから厚生労働省と協議し1カ月程度早めるもようだ。人での安全性や有効性を確かめ、供給したい考えで、2021年の早い時期にも医療現場で使える可能性が出てきた。

コロナワクチンを巡っては米ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)や仏サノフィなど世界の製薬大手が開発を進めている。治験は米バイオ企業のモデルナが3月から始めたほか、米イノビオ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]