/

国会議員歳費を削減へ 自民、新型コロナで呼びかけ 法案提出へ

自民党の二階俊博幹事長は13日の記者会見で、国会議員の歳費を削減する法案を国会に提出する方針を明らかにした。新型コロナウイルスに対応する財源に充てる。収束までの時限措置とする。削減幅は連立を組む公明党や野党と調整する。今国会で成立を目指す。

これまでより出席者間の距離をあけて開かれた自民党役員会(13日、国会内)

二階氏は「コロナウイルスに対する国民の奮起、戦うということに対してしっかり支援していく」と述べた。会見に先立つ党役員会で、安倍晋三首相(党総裁)も出席して擦り合わせた。

衆参両院議員は歳費として月額129万4千円を受け取っている。東日本大震災時には2割削減しており、同様の措置をすれば衆参両院で総額20億円超を捻出できる。

政府は緊急経済対策の財源として2020年度補正予算案を編成している。議員歳費の削減分も対策の財源に組み込む見通しだ。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン