仮設退去の高齢者、孤立どう防ぐ 熊本地震4年
支援縮小、健康にリスク

2020/4/13 19:48
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

震度7の地震を2度記録した熊本地震から14日で4年を迎える。被災地では3月中に災害公営住宅の建設が完了し、住まいの再建が進む一方で、被災者の訪問支援を行ってきた各地の「地域支え合いセンター」が4月から大幅に規模を縮小した。仮設住宅を退去した被災者の孤立をどう防ぐか。新たな課題が浮上している。

「先生、うまく紙を折る方法を教えてよ」。3月の週末、熊本市東区の一般社団法人「minori」で開かれたペ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]