/

ソフトバンクグループ、7500億円の最終赤字 20年3月期

(更新)

ソフトバンクグループは13日、2020年3月期の最終損益が7500億円の赤字(前の期は1兆4111億円の黒字)になったもようだと発表した。約10兆円を運用する「ビジョン・ファンド」の投資先の企業評価を引き下げ損失が膨らんだ。3月下旬に経営破綻した英衛星通信ワンウェブなど、本体での投資でも多額の損失が発生した。

ソフトバンクGは人工知能(AI)の技術に優れた企業など新興企業に投資し、ベンチャー・ブームのなかで業績が急拡大してきた。ところが、新興企業の収益力に不安が高まって価値の見直しを迫られ、さらに新型コロナウイルスによる需要の蒸発が新興企業でも生じている。

20年3月期通期の営業損益は1兆3500億円の赤字(前期は2兆3539億円)となったもよう。ファンドで約1兆8000億円の投資損失を計上する見込みとなった。投資先のインドの格安ホテル大手OYO(オヨ)ホテルズアンドホームズなどの業績が悪化している。米シェアオフィスのウィーカンパニーではオフィスの利用が減っている。

ソフトバンクGの決算では営業損益にファンド全体の損益を計上し、最終損益では約3割の出資分のみを反映する。

20年1~3月期では1兆2265億円の最終赤字となったもよう。日本企業の四半期の赤字額としては、東日本大震災時の東京電力ホールディングス(11年1~3月期、1兆3872億円の赤字)に次ぐ歴代2位の規模となる。

新型肺炎

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン