/

東洋紡、コロナの検出キット 最短1時間で

東洋紡は13日、最短1時間以内で新型コロナウイルスの抽出や検出をできるキットを研究機関や製薬企業向けに発売したと発表した。2時間半以上かかるとされる通常のPCR検査と比べて所要時間を短縮できる。治療薬の開発を後押しする。

東洋紡が独自開発した酵素を使うことで、不純物が混じっていてもウイルスの遺伝子を増幅でき、抽出工程が短くなる。国立感染症研究所(東京・新宿)などと共同で開発した。

福井県敦賀市の工場で生産し、価格は100回分で税別9万円。東洋紡は同じ仕組みを用いて、ヒトが新型コロナに感染しているかを1時間で判別できる検査キットを開発している。陽性患者の検体を使って有用性が実証できれば、月16万人分を生産する計画だ。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン