/

オプテージ、企業のテレワーク支援

関西電力の通信子会社、オプテージ(大阪市)は新型コロナウイルスの影響などでテレワーク(在宅勤務)の導入を検討する企業を支援するキャンペーンを始めた。格安スマートフォン「mineo(マイネオ)」の法人向けサービスで初期費用を無料にするほか、月額基本料金を最大3カ月無料とする。企業が社内での通信網を整えやすくする。

「テレワークソリューションキャンペーン」を始めた。申込期間は13日から6月末まで。マイネオの法人向けサービスの契約手数料やSIMカードの発行料を無料にする。月額料金はプランによるが最大3カ月無料となる。

オプテージは4月末まで25歳以下のスマホ利用者を対象にデータ通信料の一部無償化にも取り組んでいる。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン