大林宣彦さんを悼む 人間愛と映画愛に満ち
寄稿 安藤紘平(映画作家)

2020/4/13 17:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

大林宣彦監督の訃報を知らされて、僕は、身体じゅうから何か大切なものが抜けてゆくのを感じた。僕を映画という魅惑的で危険な世界に引っ張り込んだのは、まさに大林さんだったからだ。

1960年代末、僕は寺山修司の率いる演劇集団、天井桟敷に在籍していた。演劇にそろそろ飽きてきた頃、同僚の萩原朔美と新宿の紀伊国屋ホールで不思議な映画を観(み)た。

『EMOTION=伝説の午後・いつか見たドラキュラ』(196…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]