/

神奈川県、中等症向けに臨時医療施設 藤沢市で180床

神奈川県は13日、新型コロナウイルスの感染拡大に対応するため、感染者を集中的に受け入れる臨時の仮設医療施設を建設すると発表した。「湘南ヘルスイノベーションパーク(湘南アイパーク)」(神奈川県藤沢市)のグラウンドに設ける。病床数は180床確保する。来週から建設に着手し、5月上旬から稼働開始する予定だ。

施設はプレハブで平屋になる。酸素投与などが必要な「中等症」の患者を受け入れる。これまで県は既存の医療機関のなかで新型コロナに集中的に対応する「重点医療機関」を3カ所設けていたが、臨時施設を新設するのは初めて。医療法人の沖縄徳洲会が運営する。

また、県は同日、宿泊施設や自宅で療養する軽症・無症状者について、無料通信アプリ「LINE」を活用して健康観察などを実施する方針を明らかにした。患者は午前と午後にそれぞれ1回ずつ、LINEを通じて体調を報告する。患者の体調の聞き取りはこれまで電話で実施してきたが、LINEを使い効率化して業務負担を減らす。

県はこれまで軽症・無症状者を受け入れる宿泊施設に「湘南国際村センター」と「アパホテル&リゾート横浜ベイタワー」を指定しており、合計で約2400床確保している。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 国内 海外 感染状況 論文・調査 Nikkei Asia

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン