/

この記事は会員限定です

「女性教育の成果、途上国で花開く」大崎麻子氏

プラン・インターナショナル・ジャパン理事

[有料会員限定]

元国連開発計画(UNDP)本部職員で、世界各地の女子教育や女性のエンパワーメントに関わってきたプラン・インターナショナル・ジャパン理事の大崎麻子氏(49)。ジェンダーや国際協力分野の専門家に10年後の世界はどう見えているのでしょうか。

 大崎麻子氏(おおさき・あさこ) 1971年生まれ。上智大卒、米コロンビア大学院修了。UNDP本部勤務後、ジェンダー・国際協力の専門家に。関西学院大学客員教授や公益財団法人プラン・インターナショナル・ジャパン理事を務める。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り857文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン