MR訪問自粛でクラウド移行 コロナ禍の医療現場

2020/4/22 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

新型コロナウイルス感染症の拡大を受け、製薬企業の医薬情報担当者(MR)が病院への訪問を自粛せざるを得ない状況になっている。医療現場にはまだ紙の調査票などで情報収集する業務が残っており、影響を受ける可能性がある。医薬品の副作用情報を収集する業務もその1つだ。医療現場の「紙」問題の解決を推進しようと、富士通子会社の富士通エフ・アイ・ピーが動き出した。

■これまで紙の調査票収集

富士通エフ・アイ・ピーが…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]