/

この記事は会員限定です

有事が問う指導力 米国第一か国際協調か

分断のアメリカ 危機下の号砲(1)

(更新) [有料会員限定]

11月の米大統領選は共和党の現職、トランプ大統領(73)と民主党のバイデン前副大統領(77)が対決する構図が固まった。問われるのは4年間のトランプ政権への評価だけではない。新型コロナウイルスの感染拡大で、米国の指導者に求められる役割も様変わりしつつある。かつてない危機下で臨む選挙戦のあり方や争点を探る。

サンダース上院議員が民主党候補の指名争いから撤退を表明した8日。「国際社会での米国のリーダーシ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1819文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

日経電子版の「アメリカ大統領選挙2020」はアメリカ大統領選挙のニュースを一覧できます。データや分析に基づいて米国の政治、経済、社会などに走る分断の実相に迫りつつ、大統領選の行方を追いかけます。

速報

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン