再生医療を化粧品に応用、ロート製薬はコラーゲンに

2020/4/14 11:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

再生医療の技術を化粧品に応用する動きが広がってきた。ロート製薬は脂肪幹細胞からコラーゲンの量を調節する化合物を見つけ、化粧品に配合。第一三共は炎症を抑える仕組みを化粧水や乳液に活用している。薬価の引き下げに直面する製薬各社は新たな収益源探しを急いでいる。ただ効果の説明が十分でないケースもあり、拡大する市場は課題をはらむ。

目薬で有名なロート製薬が、再生医療事業を強化している。ロートリサーチビレッ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]