/

この記事は会員限定です

再生医療を化粧品に応用、ロート製薬はコラーゲンに

[有料会員限定]

再生医療の技術を化粧品に応用する動きが広がってきた。ロート製薬は脂肪幹細胞からコラーゲンの量を調節する化合物を見つけ、化粧品に配合。第一三共は炎症を抑える仕組みを化粧水や乳液に活用している。薬価の引き下げに直面する製薬各社は新たな収益源探しを急いでいる。ただ効果の説明が十分でないケースもあり、拡大する市場は課題をはらむ。

目薬で有名なロート製薬が、再生医療事業を強化している。ロートリサーチビレッジ京都(京都府木津川...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り943文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン