/

この記事は会員限定です

千葉県で土砂災害警戒の避難所 コロナ対策も手配

(更新) [有料会員限定]

千葉県南部の鴨川市や南房総市に13日午前、土砂災害警戒情報が出され、両市は避難所を開設した。多数の住民が避難所を訪れると、密閉空間で多くの人が過ごすことになるため、両市は避難所で検温したり、アルコール消毒液を設置したりして、新型コロナウイルスの感染を防ぐ体制をとった。

鴨川市は避難所を3カ所開いた。各避難所に体温計やマスク、アルコール除菌シートを準備。避難者には検温してもらい、37.5℃以上の人に...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り343文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン