劇団わらび座、ホテル「奥羽山荘」を5月末閉館

2020/4/13 17:00
保存
共有
印刷
その他

劇団のわらび座(秋田県仙北市)は運営するホテル「川口温泉奥羽山荘」(同県大仙市)を5月末に閉館する。新型コロナウイルスの感染拡大で修学旅行のキャンセルが相次ぐなど宿泊や宴会が激減した。昨年暮れから譲渡先企業を探してきたが、設備老朽化や人手不足もあり閉館を決めた。

奥羽山荘は2008年に大仙市から無償で譲り受けリニューアルオープンした。20室に最大80人を収容できる。3月の売上高は前年同月比9割減となったうえ、4~6月の修学旅行52校がすべて中止か延期になった。14人の従業員は温泉ゆぽぽ(仙北市)で働いてもらうという。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]