/

津波被災の郵便局再建 宮城・閖上、かさ上げ地に

(更新)

東日本大震災で壊滅的な被害に遭った宮城県名取市閖上(ゆりあげ)地区で13日、津波で全壊した閖上郵便局が約500メートル南西のかさ上げされた土地に再建され、営業を始めた。

再建され、営業を再開した閖上郵便局(13日午前、宮城県名取市)=共同

開局式典には、山田司郎市長や地元の町内会長らが参加。テープカットで開局を祝った。近所に住む無職、渡辺節子さん(74)は「これまではバスで郵便局に行っていたけど、歩いて行ける」とうれしそうに話した。閖上郵便局では地区の観光地「ゆりあげ港朝市」などを題材にした限定の記念切手を販売する。

最大約9メートルの津波に襲われた閖上地区では、かさ上げされた土地に住宅や商業施設の整備が進む。市は3月末、閖上地区など沿岸部の復興事業がおおむね完了したとして、復興達成を宣言した。

津波に襲われ全壊した同県石巻市の北上郵便局も同日、約2.2キロ移転した高台で営業を再開した。

〔共同〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

震災9年

インフラ整備や産業・文化の復興、原発、防災、そして地域に生きる人々の10年とこれからをテーマにした記事をお届けします。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン