広範囲で大雨の恐れ 警戒呼び掛け、気象庁

2020/4/13 9:04
保存
共有
印刷
その他

気象庁は13日、発達中の低気圧の影響で、西日本から東北地方にかけて非常に強い風が吹き、大荒れの天気となる恐れがあるとして警戒を呼び掛けた。雷を伴った激しい雨が降り、大しけとなる所がある見込み。

気象庁によると、紀伊半島付近に前線を伴った低気圧があり、ゆっくり北東へ進んでいる。13日夜にかけて、低気圧や前線に向かって暖かく湿った空気が流れ込み、大気の状態が不安定となるという。

14日にかけて予想される最大風速(最大瞬間風速)は、東海、中国、四国、九州北部、九州南部25メートル(35メートル)、東北、北陸23メートル(35メートル)、関東甲信、伊豆諸島、近畿、奄美20メートル(30メートル)。波の高さは伊豆諸島、小笠原諸島7メートル、東北、関東甲信、東海、近畿、中国、九州北部、奄美6メートル、北陸、四国、九州南部5メートル。

14日午前6時までの24時間予想雨量は、多い所で東北、中国120ミリ、関東甲信、東海、近畿100ミリ。

〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]