/

この記事は会員限定です

茨城・大子町、復興にコロナ禍の逆風 台風19号半年

[有料会員限定]

茨城県内にも水害を引き起こした台風19号の上陸から半年がたった。特に被害が甚大だったのが県北の大子町(だいごまち)だ。久慈川などの氾濫で浸水した住宅や医療・福祉施設は復旧が進み、鉄道網も全線再開の道筋が見えてきた。だが中小の観光業や製造業に残る傷は癒えず、新型コロナウイルスが新たな被害と不安を及ぼし始めた。高齢化が進む町で苦闘を続ける関係者の姿を追った。

3月下旬、JR水郡線で水戸駅から西金(さい...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2086文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン