ソフトバンクG、マスク3億枚供給 中国BYDと連携

2020/4/12 9:29
保存
共有
印刷
その他

新型コロナウイルスの感染拡大でマスクが不足するなか、ソフトバンクグループ(SBG)は1カ月当たり3億枚のマスクを調達し、日本に供給する。孫正義会長兼社長が11日夜、ツイッターでの投稿で明らかにした。電気自動車メーカーの比亜迪(BYD)と連携して同社が生産するマスクを買い取り、利益を上乗せせず国内の医療機関などに販売するとしている。

ソフトバンクグループの孫正義会長兼社長

ソフトバンクグループの孫正義会長兼社長

「できました。5月から納品」――。孫氏の投稿によると、BYDから医療用の高性能マスク「N95」を1億枚、一般的な医療用マスクを2億枚調達する方針という。日本政府に協力する意向で「政府マスクチームと連携を図り、医療現場をはじめ1人でも多くの人々に無利益でマスクを供給する」としている。

BYDは2月から中国でマスクの生産を始めており、今回の連携はBYDからSBG側に提案したようだ。孫氏はツイッターで、SBG向けの製造ラインが設立されたとしている。

BYDの王伝福董事長

BYDの王伝福董事長

孫氏は3月中旬に3年ぶりにツイッターに投稿し、新型コロナウイルスの検査を無償で提供する意向を表明した。この計画はすぐに取り下げたが、代わりにマスク100万枚を国内の医療機関などに寄付。その後も日本のコロナ対策への支援を考えていたもようだ。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]