/

大阪府警で初の感染者 西堺署巡査長、軽症

大阪府警は11日、西堺署交通課の30代の男性巡査長が新型コロナウイルスに感染したと発表した。同府警警察官の感染確認は初めて。

府警によると、巡査長は8日から自宅待機した後、府内の医療機関に入院したが、軽症という。同署交通課の同僚約30人を自宅待機とし、本部から応援を派遣。今月上旬に東京から訪れた親族と一緒に食事していた。親族も10日までの検査で陽性だった。

府によると巡査長は同府池田市在住。府警によると、巡査長は業務でマスクを着けながら市民4人とも接触したが、不調を訴えている人はいない。署は消毒し、業務は通常通り行う。

府警は「感染防止対策に努める」としている。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン