/

この記事は会員限定です

大阪、インバウンドの都どこへ 緊急事態宣言後の週末

マスク「購入制限なし」、行き交う「ウーバーイーツ」

[有料会員限定]

新型コロナウイルスの感染拡大に伴う緊急事態宣言の発令を受け、大阪は初の週末を迎えた。市中心部では百貨店や高級ブランド店などの休業が相次ぎ、人の姿はまばらだった。かつて年間1000万人を超えるインバウンド(訪日外国人)が訪れ、様々な言語が飛び交った心斎橋や道頓堀。インバウンドの「都」は様変わりしていた。

道頓堀

グリコ」の看板、ドラッグストア、たこ焼き――。大阪を訪れるインバウンドが必ず訪れる道頓堀は...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1101文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン