米軍駐留費、韓国の負担増「不十分」 トランプ氏が拒否

2020/4/11 12:43
保存
共有
印刷
その他

トランプ米大統領は在韓米軍駐留経費の米側負担の軽減にこだわる=ロイター

トランプ米大統領は在韓米軍駐留経費の米側負担の軽減にこだわる=ロイター

【ワシントン=永沢毅】2020年以降の在韓米軍の駐留経費を巡る米国と韓国の交渉で、韓国側の提案をトランプ大統領が拒否していたとロイター通信が10日報じた。提案は韓国側の負担を19年比で少なくとも13%増やす内容だったという。両国間の協定は19年末に期限切れとなっていたが、交渉は一段と不透明さを増している。

韓国メディアは19年の駐留経費から1~2割増で調整が進んでいると報じてきたが、トランプ氏はさらなる上積みを求めているとみられる。11月の大統領選を控え、米国の負担減をアピールする狙いがある。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]