/

緊急事態、初の週末 大阪中心部「ゴーストタウン」

新型コロナウイルスの感染拡大に伴う政府の緊急事態宣言後、初めての週末となった11日午前、大阪市内の中心部は人通りが少なく、閑散とした風景が広がった。

普段は会社員や買い物客らでにぎわう大阪・梅田。11日午前、阪急大阪梅田駅の構内は通勤する会社員らが行き交ったが、旅行客や家族連れの姿はほとんどなかった。薬剤師の女性(41)は「電車がすいているので座って通勤できた。感染しないよう仕事が終わったら寄り道せず直帰する」と話した。

「JR当局より指示があり、休業日とさせていただきます」。飲食店が集まる新梅田食道街にはこんな紙が張られ、11日からの営業休止を告げていた。無職の男性(66)は「昨日は営業していたのに。朝ご飯をどこで食べたらいいのか」と困惑した様子だった。

多くの若者や観光客が訪れる大阪市の心斎橋地区の「アメリカ村」も、午前は人影がまばらで静かだった。宣言発令後の8日からシャッターを下ろす店が増えているという。たばこ店オーナーの70代の女性は「春は多くの若者らでにぎわう時期だが、人が減り続けている。今はまるでゴーストタウンだ」と話した。

新型肺炎

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 国内 海外 感染状況 論文・調査 Nikkei Asia

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン