/

この記事は会員限定です

自社株買い、高い存在感

財務悪化リスクで減少も

[有料会員限定]

日本の株式市場で、企業の自社株買いの重みが増している。企業間の株式の持ち合い解消売りが進み、需給を引き締める効果がより強まってきた。ただコロナショックで景気が落ち込むなか、欧米では財務体質を悪化させてまで自社株買いをして株価つり上げを優先してきた企業に批判が集まっている。今後は日本企業でも二の足を踏む企業が出てくる可能性もある。

東京証券取引所によると、2019年度の投資部門別売買動向で、企業が主...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り959文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン