/

トランプ氏「死者は予測下回る」 経済再開へ具体策議論

(更新)
トランプ氏は経済活動の早期再開に改めて意欲を示した(10日、ホワイトハウス)=ロイター

【ワシントン=鳳山太成】トランプ米大統領は10日の記者会見で、新型コロナウイルスによる米国内の死者数が「最低10万人以上とした(政府の)予測を大幅に下回るだろう」との見通しを示した。厳しい行動制限により、当初想定よりも感染拡大を抑えられていると主張した。近く専門家会議を設置し、経済活動の再開に向けた議論を本格的に始めると表明した。

トランプ氏は感染者の増加がピークに近づいているとの認識を示したうえで「なるべく早く経済を再開させたい」と行動制限の緩和に意欲をみせた。経済の専門家や州知事などが参加する協議会の設置を14日にも発表し、具体策を話し合う。

政権のコロナ対策本部で統計を分析するバークス調整官も「イタリアで起きたような感染者増の頭打ちが米国でもみられ始めている。前向きな動きだ」と述べた。ニューヨーク市など感染の中心地で入院者数の減少など改善の傾向にあるほか、ほかの地域でも安定の兆しが出てきているという。

トランプ氏は経済活動の再開時期について「私にとって最も大きな決断になる。(再開後に厳しい行動制限に)戻りたくはない」と述べ、慎重に見極める構えだ。政権は外食自粛などの行動制限を全国民に呼びかけており、現行指針は4月30日に期限を迎える。政権内には5月の制限緩和をめざす高官もいるが、感染が再び急拡大する恐れがあるとして慎重意見も根強い。

新型肺炎

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン