山形の感染者32人に 知事「休業要請、拡大時は必要」

2020/4/10 20:42
保存
共有
印刷
その他

山形県の吉村美栄子知事は10日、新型コロナウイルスの感染者を新たに5人確認し、計32人になったと発表した。米沢、南陽、酒田の3市に住む10~50歳代の男女。吉村知事は東京都が休業要請を出したことについて、「仮に感染爆発になったら当然対処が必要」と指摘。事業者への補償については、「都は協力金という言葉を使っているが、様々なところの取り組みを参考にしたい」と述べた。

県民へ感染拡大防止を呼びかける山形県の吉村美栄子知事(10日、県庁)

新規感染者は既に感染が確認された人の家族や同僚だった。吉村知事は親族や子どもの来県を控えるよう県民に呼びかけるとともに、新たに「感染者やその家族、医療従事者らへの差別やいじめが生じないよう良識ある行動をとってほしい」と求めた。

文部科学省は大学の付属病院に患者の受け入れ拡大を要請している。山形大学付属病院について県は「がんや難病の人の医療に対応している。新型コロナなどの受け入れ要請は考えていない」(健康福祉部)としている。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]