新潟の長岡花火 戦後初の中止 新型コロナで

2020/4/10 20:03
保存
共有
印刷
その他

新潟県長岡市の磯田達伸市長は10日、8月2、3日に予定していた「長岡まつり大花火大会」(長岡花火)を中止すると発表した。新型コロナウイルスの感染拡大防止のため。長岡花火は2日間で県内外から100万人超が訪れる全国指折りの規模の大会。1879年の開始以降、太平洋戦争の影響で中断していた例はあるが、中止は戦後初めて。

戦時中に長岡空襲が始まった8月1日の「慰霊の花火」3発は、例年通り打ち上げる方針だ。具体的な方法などは未定だが、新型コロナウイルスの終息を願った花火の打ち上げも検討する。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]