スルガ銀副会長に野島氏 外部人材で再建へ

2020/4/10 19:58 (2020/4/10 20:51更新)
保存
共有
印刷
その他

スルガ銀行は10日、家電量販大手ノジマの野島広司社長を副会長に迎える人事を発表した。佐川急便の親会社SGホールディングスから転じ、2019年から副社長として経営再建に携わる嵯峨行介氏は社長に昇格する。シェアハウス関連の不動産融資などで不正の横行を許した企業体質の改善を、社外から受け入れた人材が主導する。

6月26日に開く株主総会後の取締役会で正式に決定する。外部からは新たにソニーライフ・エイゴン生命保険の加藤広亮社長を副社長に、住友銀行(現三井住友銀行)出身で、金融や不動産に精通する峯村悠吾氏を取締役に迎える。

スルガ銀行は18年に不適切融資の横行が表面化し、金融庁から業務停止を含む業務改善命令を受けた。19年5月にノジマや新生銀行と業務提携を発表。同年10月には創業家保有の株をノジマが全て取得して筆頭株主となり脱創業家を完了した。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]