速報 > 人事 > 記事

DCMダイキ社長に中川氏 小島氏は退任

2020/4/10 19:45
保存
共有
印刷
その他

ホームセンターのDCMダイキ(松山市)は10日、中川真行取締役(51)が5月25日付で社長に昇格する人事を発表した。西友出身で顧客視点の店づくりを推進した小島正之社長(65)は、任期満了のため退任する。同社などDCMホールディングス傘下のホームセンター5社は2021年3月に統合予定。重要な時期の経営のかじ取りを生え抜きの中川氏が担う。

抱負を述べるDCMダイキの中川真行・次期社長(10日、愛媛県庁)

愛媛県伊予市出身の中川氏は1991年ダイキ(当時)に入社し、店舗や販売促進、総務人事などをバランス良く経験。10日開いた記者会見では、ドラッグストアなど異業種との競争激化を踏まえて「総合的な店舗と専門的な店舗のメリハリをつけたい」と述べた。

新型コロナウイルス感染拡大の影響について、小島氏は「マスクや除菌関連商品の特需はある程度発生している。在宅時間が長くなり、室内トレーニング器具や調理器具などの動きも活発化」しているという。一方で新生活向け商材は例年より鈍く、今後の動向も「不透明だ」と述べた。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ速報トップ



[PR]