雇用調整助成金、支給までの時間を半減

2020/4/10 19:28
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

経営難の企業が支払う休業手当に国が資金支援する「雇用調整助成金」について、厚生労働省は10日、申請手続きの負担を軽くすると発表した。書類の記載項目と申請から支給までにかかる時間をいずれも半分にする。申請から1カ月後の支給をめざす。ただオンラインでの申請はできないなど不便な点は残る。

申請書類の記載項目はこれまで73あったが、残業時間の記入を不要にするなど38に減らす。添付書類は出勤簿や給与台帳で…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]