/

外相、会見を直前中止 省幹部に感染の可能性

外務省は10日、茂木敏充外相の記者会見を開始直前に中止した。同省関係者は、茂木氏と接触のある省幹部が新型コロナウイルスに感染した可能性があると判断し、感染拡大防止の観点から急きょ会見を見合わせたと記者団に説明した。

関係者によると、省幹部の家族の感染が確認されたため、幹部本人もPCR検査を受けた。結果待ちだという。茂木氏が濃厚接触者と判断される可能性は低いとしているが、念のために会見を中止した。

来週以降の外相会見は開催する方向で検討している。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン