「家電は必需品」ヤマダなど量販、時短で営業継続

2020/4/10 17:48
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

新型コロナウイルスの感染拡大に伴う政府の緊急事態宣言の発令を受けて小売店の臨時休業が広がる中、家電量販の大半は時短営業を続ける方針だ。テレワークの拡大によりルーターやパソコンなどの需要が増えているほか、各社とも「電池や照明などは生活に欠かせない」との思いがあるからだ。

ヤマダ電機は緊急事態宣言が発令された翌8日から対象となる7都府県にある約240店の閉店時間を1~3時間早めて午後7時に繰り上げた…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]