楽天携帯、「背水の第2創業」で挑む
第4のケータイ始動(1)

ルポ迫真
2020/4/13 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

「損益シミュレーションをやり直そう」。2月27日、楽天本社で携帯事業チームが緊急会議を開いていた。料金を公にする5日前、事業部はまだ「(データ通信量に上限の)キャップをはめた方がいい」と採算重視の案も用意していた。だが「データは水や酸素と同じ」と主張してきた会長兼社長の三木谷浩史が、月額2980円の使い放題のプランで押し切った。

約100万人がネットで視聴した3月3日の料金発表会。三木谷は「世界…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]