/

臨時休園、栃木のあしかがフラワーパークも 13日から

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、あしかがフラワーパーク(栃木県足利市)は13日から臨時休園する。2週間程度を予定し、感染状況次第では延長も検討する。名物の大藤がまもなく見ごろを迎えるが、運営会社の早川公一郎社長は「緊急事態宣言をきっかけに、対象区域の内外を問わず集客施設は休園が必要と判断した」という。

大藤が有名なあしかがフラワーパーク(2019年5月)

同園の2019年の来園者165万人のうち、半数近くは大藤の咲く4~5月に集中する。昨年10月には台風19号の影響で園全体が冠水する被害を受けたばかりだった。かき入れ時の休園になるが、早川社長は「雇用調整助成金を活用するなどし、従業員を1人も欠くことなく再開を迎えたい」と語った。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン