/

ついに始まった「5G」 乗り換えを急ぐべきひとは?

佐野正弘のモバイル最前線

NTTドコモKDDI(au)、ソフトバンクの携帯大手3社は2020年3月25日以降、相次いで、次世代通信規格「5G」の商用サービスを開始した。すぐに乗り換えを検討する必要はあるのか、探ってみよう。

料金プランは「使い放題」とサービスに違い

現行の4Gを大きく上回る「高速大容量通信」に加えて「多数同時接続」「超低遅延」といった特徴を持つ次世代通信規格「5G」。あらゆるモノがネットにつながる「IoT」の時代を迎え、自動運転や遠隔医療、スマートシティーといった未来の技術を支えるネットワークとして注目を集めている。

5GはIoT関連で様々なサービスが想定されているが、現在、一般消費者向けに提供されるのは、これまでと同じスマートフォン向けのサービスとなる。そこで3社が発表した5Gのサービス内容を料金プラン、端末、そしてエリアの3つについて比較。現時点で5Gへの乗り換えを検討すべきか考えてみる。

まず料金プランだが、3社とも5Gの高速大容量通信が生かせるよう工夫を凝らした。主力の大容量プランに関していうと、NTTドコモの「5Gギガホ」は月額7650円(税別、以下同)で通信量上限が100ギガバイト(ギガは10億、GB)。4G向けの大容量プラン「ギガホ」(月額7150円、通信量30GB。現在はキャンペーン中で60GBを利用可能)よりも500円高いが、その分、通信量の上限も増えている。

しかもNTTドコモは現在、「データ量無制限キャンペーン」と呼ぶキャンペーンを実施しており、これを利用すると5Gギガホの契約者は国内でのデータ通信を無制限で利用できる。同キャンペーンの終了予定時期は未定で、今後、通信量無制限が通常のプランとなる可能性もある。

NTTドコモの「5Gギガホ」の通信量上限は100GBだが、キャンペーンで当面は国内での通信量が無制限となる

auは当初から無制限プランを提供する。主力プランは月額8650円でスマホからのデータ通信が使い放題となる「データMAX 5G」だ。4G向けの無制限プラン「auデータMAXプラン Pro」(月額7650円)に月額1000円の上乗せで5Gが無制限で利用できる。無制限といっても、テザリングや国際ローミング利用時は30GBの上限がある。また通信量が2GB以下の場合は1480円の値引きがなされ、月額7170円となる。

データMAX 5Gには基本メニューに加えて、2つの拡張メニューがある。1つは動画配信サービスの「Netflix」と「TELASA」をセットにした「データMAX 5G Netflixパック」(月額9650円)。もう1つはそれら2つに加えて音楽配信サービスの「Apple Music」と動画配信サービス「YouTube Premium」をセットにした「データMAX 5G ALL STARパック」(月額1万1150円)である。いずれも個別にサービスを契約するより、割安な料金が設定されている。テザリングや国際ローミング時のデータ通信量上限もそれぞれ60GB、80GBに増量される。

残るソフトバンクは5G用の料金プランを用意しなかった。既存の4G向けの料金プランに月額1000円の「5G基本料」をプラスすると5Gが利用できる仕組みにした。

そうした中、主力のプランとなりそうなのは、3月12日から提供されている新料金プラン「メリハリプラン」。これは月額7480円で50GBの通信量が利用できるというもの。「YouTube」「Instagram」など14のサービスと、ソフトバンクが5G時代に向けて提供するエンターテインメントサービス「5G LAB ベーシック」が通信量にカウントされないことから、実質的には50GB以上の通信が可能だが、他の2社とは異なりスマホからのデータ通信が無制限になるわけではない。なお、auのデータMAX 5G同様、通信量が2GB以下の場合は値引きされる。ソフトバンクは1500円だ。

ソフトバンクは5Gサービス開始に合わせて「メリハリプラン」を提供。通信量は最大50GBだが、14のサービスは通信量をカウントしない

下の表に各社の主力の5G料金プランをまとめた。いずれも基本的には割引やキャンペーンによる値引きを適用しない場合の料金である。実際に契約する際は、より安価な月額料金になると考えられる。

携帯3社の主力5G料金プラン比較

端末は中国メーカー製が急増した

続いて5Gに対応したスマホのラインアップに話を進める。NTTドコモとauはそれぞれ7機種、ソフトバンクは4機種を用意する。各社の品ぞろえはバラエティーに富んでいる。3社がそろって販売するのはシャープ製の「AQUOS R5G」だけだ。

NTTドコモは各メーカーのハイエンドモデルを取りそろえた。国産ではソニーモバイルコミュニケーションズ製の「Xperia 1 II」と富士通コネクテッドテクノロジーズ製の「arrows 5G」を、韓国製ではサムスン電子の「Galaxy S20」やLGエレクトロニクスの「V60 ThinQ 5G」などを用意する。いずれも値引き前の価格は10万円を超えるが、機能面では5Gらしい先進性を強く打ち出している。

auは、ハイエンドからミッドレンジまで幅広く品ぞろえした。Xperia 1 IIやGalaxy S20といった日韓メーカー製のハイエンドモデル4機種に加え、中国メーカー製のミッドレンジ端末3機種を用意した。オッポ製の「Find X2 Pro」、ZTE製の「a1」、シャオミ製の「Mi 10 Lite 5G」である。オッポやシャオミは日本に進出してまだ日が浅く、大手3社が端末を扱うのも今回が初めてだ。

KDDIはZTE製の「a1」など中国メーカー製のスマートフォンを積極採用。7機種中3機種が中国メーカー製となった

より中国メーカー製の比率が高いのがソフトバンクである。ZTE製の「Axon 10 Pro 5G」とオッポ製の「Reno3 5G」を採用し、ラインアップの半数が中国メーカー製となっている。一方で、これまで同社のラインアップの中核を占めていた、ソニーモバイルコミュニケーションズ製のXperia 1 IIを販売しなかった。

ソフトバンクもオッポ製の「Reno3 5G」など、ラインアップの半数を中国メーカーが占めている

5Gで中国メーカー製端末の採用が急増している理由の一つは、19年10月の電気通信事業法改正だろう。この改正によってそれまでのように高額なスマホを大幅に値引いて販売することができなくなった。4Gまでのように端末の大幅値引きで5Gを普及させることが困難になった各社は、安価な5Gスマホを提供する中国メーカーの採用を増やしたとみられる。

ただし中国メーカー製スマホの発売は、ZTE製のAxon 10 Pro 5Gを除くと、7月以降とやや遅い。特にかなり安価に提供される見通しのa1、Mi 10 Lite、Reno3 5Gの3機種の販売開始は夏以降になる。

シャオミがオンラインで実施したスマートフォン新機種発表会より。Mi 10 Lite 5Gの海外での販売価格は349ユーロ(約4万2000円)と、従来の5Gスマートフォンの半額以下となるようだ

非常に狭い5Gエリア、1年間は体験自体が困難に

最後に、5Gのエリア整備状況をみてみる。結論から言うと現状は3社とも「点」、つまり非常に限定された場所をスポット的にしかカバーできていない。

3社は5Gのサービス開始に合わせて利用可能なエリアの一覧を公開しているが、それを見ると「○○町○○丁目周辺」「○○スタジアム観客席」「〇〇ショップ内」といったように、カバーエリアがかなり限定されている。4Gのように広いエリアで5Gが利用できる状況には、ほど遠い。

ソフトバンクのエリアマップ。ピンク色が20年4月末時点、黄色が20年夏以降予定の5Gエリア。東京都心でさえ限定的なエリアしかカバーできていないことが分かる

各社とも、20年夏以降のカバーエリアの拡大計画を公表しているが、それでもエリアは限定的だ。つまり国内の5Gは、「狭い」と言われる楽天モバイルの4Gエリアよりもはるかに狭い状況が1年近く続く。5Gスマホを購入しても当分、5Gを体験すること自体が難しいかもしれない。

なぜこれほどまでにカバーエリアの拡大が進んでいないのかというと、5Gではこれまでより高速大容量の通信を実現するため、4Gよりもかなり高い周波数を使う必要があるからだ。高い周波数帯の電波は障害物の裏に回り込みにくく遠くに飛びにくい。一部の周波数帯は衛星の電波と干渉してしまうなどの課題もあり、容易にエリアを広げられない。

ソフトバンクは21年末まで、NTTドコモとKDDIが22年度末までには現在の4Gに近いエリアカバーを実現するとしている。ソフトバンクが早期に広範囲のエリアをカバーできるのは、4G向けの周波数帯を5Gと共用する技術を導入することを見込んでいるからだ。このため5Gのエリアは広がるが通信速度は4Gと変わらない可能性が高い。

NTTドコモは当初計画を2年弱前倒しし、22年3月末に2万局の5G基地局を設置して4Gに匹敵するエリアカバーを実現するとしているが、それでも2年近くかかってしまう

総合的に考えて、一般消費者が5Gの契約を急ぐ必要は「全くない」。とはいえ5Gの契約者も4Gのエリアで通信することは可能だし、4Gでも実測値で下り100Mbpsを超える通信速度を実現できる。5G向けの大容量プランはデータ通信が使い放題になるものが多く、「ギガが減る」ことに神経をすり減らさなくてすむ。こうしたことからスマホで頻繁に動画やゲームなどを楽しんでいるような人は、5Gへの乗り換えを検討してみるのも一考だろう。

佐野正弘
 福島県出身、東北工業大学卒。エンジニアとしてデジタルコンテンツの開発を手がけた後、携帯電話・モバイル専門のライターに転身。現在では業界動向からカルチャーに至るまで、携帯電話に関連した幅広い分野の執筆を手がける。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン